「顎振り三年」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 顎振り三年
読み方 あごふりさんねん
意味 技量を身に付けるまでには長い年月がかかるということ。尺八は、顎を振って微妙な音を出すこつを会得するまでに三年かかることから。
類語

石の上にも三年

商い三年

漢字詳細 「顎」を含むことわざ
「顎」という漢字の詳細
「振」を含むことわざ
「振」という漢字の詳細
「三」を含むことわざ
「三」という漢字の詳細
「年」を含むことわざ
「年」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る