往くに径に由らずについて

往くに径に由らず
読み方ゆくにこみちによらず
意味小細工せずに、正大に事をおこなうことのたとえ。「径」は小道・近道・横道の意。道を行く時は径を通らずに大通りを行くという意から。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る