明日ありと思う心の仇桜とは

言葉明日ありと思う心の仇桜
読み方あすありとおもうこころのあだざくら
意味いつ何が起こるかわからない、人生や世の中の無常をいった言葉。
桜の花が、明日も咲いているだろうと安心していると、夜中の嵐で散ってしまうかもしれないとの意から。
「夜半に嵐の吹かぬものかは」という句がこれに続く。
出典『親鸞上人絵詞伝』

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「明」を含むことわざ

「日」を含むことわざ

「思」を含むことわざ

「思」を含むことわざを全て見る

「心」を含むことわざ

「仇」を含むことわざ

「桜」を含むことわざ

「桜」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る