あるは厭なり思うは成らずについて

言葉あるは厭なり思うは成らず
読み方あるはいやなりおもうはならず
意味ものごとが思うようにいかないこと。自分を好きになってくれる相手は好きになれず、自分が思う相手はふりむいてくれないという意から。
出典

使用されている漢字

「厭」を含むことわざ

「厭」を含むことわざを全て見る

「思」を含むことわざ

「思」を含むことわざを全て見る

「成」を含むことわざ

「成」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る