咳唾、珠を成すについて

言葉咳唾、珠を成す
読み方がいだ、たまをなす
意味詩文の才能が優れていることのたとえ。「咳唾」は、せきとつば。咳と唾のように、何気なく口から出た言葉でさえ、珠玉のように美しい名句になっているという意から。
出典

使用されている漢字

「咳」を含むことわざ

「唾」を含むことわざ

「珠」を含むことわざ

「成」を含むことわざ

「成」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る