家を道端に作れば三年成らずについて

言葉家を道端に作れば三年成らず
読み方いえをみちばたにつくればさんねんならず
意味他人の助言をいちいち聞いていると、何事もやり遂げることが出来ないというたとえ。
道に面した場所に家を建てようとすると、口出しをする人が多くてなかなか出来上がらないという意から。
出典『後漢書』

使用されている漢字

「家」を含むことわざ

「道」を含むことわざ

「端」を含むことわざ

「作」を含むことわざ

「三」を含むことわざ

「年」を含むことわざ

「成」を含むことわざ

ページ先頭に戻る