老いたる馬は道を忘れずについて

老いたる馬は道を忘れず
読み方おいたるうまはみちをわすれず
意味老馬はいろいろな道を知っており、迷うことがないことから転じて、人生経験の豊かな人はものごとの方針を誤らないというたとえ。中国、斉の桓公が山中で道に迷った時に、老馬を放ち、その後に従って行き、道を見つけたという故事から。
出典『韓非子』説林
類義語 亀の甲より年の劫(かめのこうよりとしのこう)
年寄りの言う事と牛の鞦は外れない

使用されている漢字

ページ先頭に戻る