暑さ忘れれば陰忘れるとは

言葉暑さ忘れれば陰忘れる
読み方あつさわすれればかげわすれる
意味苦しい時が過ぎると、助けてくれた人の恩をとかく忘れがちになるということ。
暑さが過ぎると、涼しい物陰のありがたみを忘れてしまうとの意から。
異形 暑さ忘れて陰忘る(あつさわすれてかげわする)
類句 病治りて薬師忘る(やまいなおりてくすしわする)
喉元過ぎれば熱さを忘れる(のどもとすぎればあつさをわすれる)
雨晴れて笠を忘れる(あめはれてかさをわすれる)
魚を得て筌を忘る(うおをえてうえをわする)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「暑」を含むことわざ

「忘」を含むことわざ

「陰」を含むことわざ

ページ先頭に戻る