学びて思わざれば則ち罔しについて

学びて思わざれば則ち罔し
読み方まなびておもわざればすなわちくらし
意味いくら学んでも、自ら思索しなければ、真理に到達することはできないということ。
出典『論語』為政

使用されている漢字

ページ先頭に戻る