暖簾に腕押しとは

言葉暖簾に腕押し
読み方のれんにうでおし
意味手ごたえも張り合いもないことのたとえ。「腕押し」とは腕相撲のことで、暖簾のように力も争う意思もない相手と腕相撲をしても、何の手ごたえもないという意味から。
類句 糠に釘(ぬかにくぎ)
豆腐に鎹(とうふにかすがい)
土に灸(つちにきゅう)
石に灸(いしにきゅう)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「暖」を含むことわざ

「簾」を含むことわざ

「腕」を含むことわざ

「押」を含むことわざ

ページ先頭に戻る