過つは人の性、許すは神の心とは

言葉過つは人の性、許すは神の心
読み方あやまつはひとのさが、ゆるすはかみのこころ
意味人は誰でも過ちを犯すものなので、むやみに人を責めてはいけないということ。
「過ちは人の常、許すは神の業」ともいう。
出典『批評論』
異形 過ちは人の常、許すは神の業(あやまちはひとのつね、ゆるすはかみのわざ)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「過」を含むことわざ

「人」を含むことわざ

「人」を含むことわざを全て見る

「性」を含むことわざ

「許」を含むことわざ

「神」を含むことわざ

「神」を含むことわざを全て見る

「心」を含むことわざ

「常」を含むことわざ

「常」を含むことわざを全て見る

「業」を含むことわざ

ページ先頭に戻る