商人の子は算盤の音で目を覚ますについて

言葉商人の子は算盤の音で目を覚ます
読み方あきんどのこはそろばんのおとでめをさます
意味人の習性は、育つ環境の影響を大きく受けるということ。商人の子どもは金勘定に敏感で、眠っていても算盤の音で起きるという意から。
出典
類句 武士の子は轡の音で目を覚ます
乞食の子は茶碗の音で目を覚ます

使用されている漢字

「商」を含むことわざ

「人」を含むことわざ

「子」を含むことわざ

「算」を含むことわざ

「盤」を含むことわざ

「音」を含むことわざ

「目」を含むことわざ

「覚」を含むことわざ

ページ先頭に戻る