商人は損していつか倉が建つについて

商人は損していつか倉が建つ
読み方あきんどはそんしていつかくらがたつ
意味商人は、損をしたなどと言いながら、いつの間にか倉が建つほどの金持ちになっていることが多いということ。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る