仏の顔も三度について

仏の顔も三度
読み方ほとけのかおもさんど
意味どんなに温和な人でも、何度も無礼なことをされれば腹を立てるというたとえ。いかに慈悲深く心の広い仏でも、顔を三度もなでまわされると腹を立てるという意から「地蔵の顔も三度」ともいう。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る