顎振り三年について

顎振り三年
読み方あごふりさんねん
意味技量を身に付けるまでには長い年月がかかるということ。尺八は、顎を振って微妙な音を出すこつを会得するまでに三年かかることから。
出典
類義語 石の上にも三年(いしのうえにもさんねん)
商い三年(あきないさんねん)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る