石橋を叩いて渡るについて

言葉石橋を叩いて渡る
読み方いしばしをたたいてわたる
意味用心の上にも用心を重ねて事を行うことのたとえ。丈夫な石橋でも、安全を確かめてから渡るという意から。
出典
類句 念には念を入れよ(ねんにはねんをいれよ)
浅い川も深く渡れ(あさいかわもふかくわたれ)
分別の上の分別(ふんべつのうえのふんべつ)
用心に網を張る(ようじんにあみをはる)

使用されている漢字

「石」を含むことわざ

「橋」を含むことわざ

「叩」を含むことわざ

「渡」を含むことわざ

「渡」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る