雁が飛べば石亀も地団駄について

言葉雁が飛べば石亀も地団駄
読み方がんがとべばいしがめもじだんだ
意味身のほどもわきまえず、むやみに人まねしようとすること。雁が飛び立つのを見て、石亀も飛び立とうとして飛べず、くやしがって地団駄を踏むということから。単に「石亀の地団駄」ともいう。
出典
類句 雁がたてば鳩もたつ(がんがたてばはともたつ)
鵜の真似をする烏(うのまねをするからす)
蛙が跳べば石亀も地団駄
鯉が踊れば泥鰌も踊る

使用されている漢字

「雁」を含むことわざ

「飛」を含むことわざ

「石」を含むことわざ

「亀」を含むことわざ

「地」を含むことわざ

「団」を含むことわざ

「駄」を含むことわざ

「駄」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る