鵜の真似をする烏とは

言葉鵜の真似をする烏
読み方うのまねをするからす
意味自分の能力をわきまえず、人の真似をして失敗することのたとえ。
「鵜」は、水鳥の名。
水に潜って巧みに魚を捕る鵜の真似をして、烏が水に潜っても溺れるばかりであるとの意から。
「鵜の真似をする烏水に溺れる」「鵜の真似をする烏水を呑む」「烏が鵜の真似」ともいう。
異形 鵜の真似をする烏水に溺れる(うのまねをするからすみずにおぼれる)
鵜の真似をする烏水を呑む(うのまねをするからすみずをのむ)
烏が鵜の真似(からすがうのまね)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「鵜」を含むことわざ

「真」を含むことわざ

「似」を含むことわざ

「似」を含むことわざを全て見る

「烏」を含むことわざ

「水」を含むことわざ

「溺」を含むことわざ

「呑」を含むことわざ

ページ先頭に戻る