赤子のうちは七国七里の者に似るについて

言葉赤子のうちは七国七里の者に似る
読み方あかごのうちはななくにななさとのものににる
意味赤ん坊ははっきりした特長がないので、似てると思って見ればあちこちの誰にでも似て見えるということ。「七国七里」は諸所方々のこと。
出典

使用されている漢字

「赤」を含むことわざ

「子」を含むことわざ

「七」を含むことわざ

「国」を含むことわざ

「里」を含むことわざ

「里」を含むことわざを全て見る

「者」を含むことわざ

「者」を含むことわざを全て見る

「似」を含むことわざ

「似」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る