管を以て天を窺うについて

管を以て天を窺う
読み方くだをもっててんをうかがう
意味狭い見識で、大きな問題について勝手な判断を下すたとえ。「管」は「かん」とも読む。「管の穴から天を覗く」ともいう。
出典『荘子』秋水
類義語 葦の髄から天井を覗く(よしのずいからてんじょうをのぞく)
貝殻で海を量る(かいがらでうみをはかる)
小知を以て大道を窺う

使用されている漢字

ページ先頭に戻る