葦の髄から天井を覗くについて

言葉葦の髄から天井を覗く
読み方よしのずいからてんじょうをのぞく
意味極めて狭い見方や考え方で大きな問題を判断することのたとえ。葦の茎の小さな穴から天井の一部分を見て、天井の全てを見たと思い込むという意から。江戸いろはがるたの一つ。
出典
類句 管を以て天を窺う(くだをもっててんをうかがう)
貝殻で海を量る(かいがらでうみをはかる)

使用されている漢字

「葦」を含むことわざ

「髄」を含むことわざ

「天」を含むことわざ

「井」を含むことわざ

「井」を含むことわざを全て見る

「覗」を含むことわざ

ページ先頭に戻る