美味も喉三寸について

美味も喉三寸
読み方びみものどさんずん
意味どんなにおいしいものでも、おいしいと感じるのは喉までの三寸ほどを通るの間のことで、腹に入ってしまえばまずいものと変わらないということ。また、どんなにうれしい事もほんのひとときにすぎないというたとえ。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る