喉元過ぎれば熱さを忘れるについて

喉元過ぎれば熱さを忘れる
読み方のどもとすぎればあつさをわすれる
意味苦しいことも過ぎてしまえば忘れてしまうというたとえ。また、苦しい時に受けた恩義も楽になったら忘れてしまうというたとえ。熱いものを飲んでも、のどを過ぎれば口に入れた時の熱さを忘れてしまうという意から。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る