雨垂れは三途の川について

言葉雨垂れは三途の川
読み方あまだれはさんずのかわ
意味家から一歩出れば、どんな災難や危険が待ちかまえているかわからないということ。軒下から落ちる雨だれが、三途の川のように、あの世とこの世の堺だから、家から出たら十分注意せよという戒めのことば。
出典

使用されている漢字

「雨」を含むことわざ

「垂」を含むことわざ

「三」を含むことわざ

「途」を含むことわざ

「川」を含むことわざ

「川」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る