名を竹帛に垂るについて

名を竹帛に垂る
読み方なをちくはくにたる
意味長く歴史に名を残すような功績を上げること。「竹帛」は、竹の札と絹のこと。中国で、紙の発明以前に、これに文字を記したところから書物または歴史の意。「垂る」は、残すという意。
出典『後漢書』鄧禹

使用されている漢字

ページ先頭に戻る