雁書について

言葉雁書
読み方がんしょ
意味便り、手紙のこと。中国前漢の蘇武が、匈奴に捕らえられた時、自分の生存を知らせる手紙を雁の足に結んで放ったという故事から。「雁の便り」「雁の使い」ともいう。
出典『漢書』蘇武

使用されている漢字

「雁」を含むことわざ

「雁」を含むことわざを全て見る

「書」を含むことわざ

ページ先頭に戻る