寒さ小便、ひだるさ欠伸について

言葉寒さ小便、ひだるさ欠伸
読み方さむさしょうべん、ひだるさあくび
意味寒い時にはやたらと小便がしたくなり、空腹の時にはしきりに欠伸が出るということ。「ひだるい」は、空腹であること。「ひだるさ欠伸寒さ小便」ともいう。
出典

使用されている漢字

「寒」を含むことわざ

「寒」を含むことわざを全て見る

「小」を含むことわざ

「便」を含むことわざ

「欠」を含むことわざ

「欠」を含むことわざを全て見る

「伸」を含むことわざ

ページ先頭に戻る