天上天下唯我独尊について

天上天下唯我独尊
読み方てんじょうてんげゆいがどくそん
意味天地の間に自分にまさる尊大な者はいないということ。釈迦が誕生してすぐに七歩歩み、右手で天を指し、左手で地を指して唱えたといわれる言葉。「天下」は「てんが」とも読む。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る