仰いで天に愧じずについて

言葉仰いで天に愧じず
読み方あおいでてんにはじず
意味天を仰ぎ見ても恥ずかしくないほど、心も行いも何らやましいことがないこと。
出典『孟子』

使用されている漢字

「仰」を含むことわざ

「天」を含むことわざ

「愧」を含むことわざ

ページ先頭に戻る