死しての千年より生きての一日について

言葉死しての千年より生きての一日
読み方ししてのせんねんよりいきてのいちにち
意味死んでからの千年より、この世での一日のほうが大事だということ。
出典
類句 あの世の千日、この世の一日(あのよのせんにち、このよのいちにち)

使用されている漢字

「死」を含むことわざ

「千」を含むことわざ

「年」を含むことわざ

「生」を含むことわざ

「一」を含むことわざ

「日」を含むことわざ

ページ先頭に戻る