争い果てての棒乳切りについて

言葉争い果てての棒乳切り
読み方あらそいはててのぼうちぎり
意味時機に遅れて、何の役にも立たないことのたとえ。
「棒乳切り」は棒の切れ端の意。喧嘩が終わってから棒切れを持ち出しても、役に立たないという意から。
「喧嘩過ぎての棒乳切り」「諍い果てての乳切り木」ともいう。
出典
別表記 争い果てての棒千切り(あらそいはててのぼうちぎり)
類句 後の祭り(あとのまつり)
証文の出し遅れ(しょうもんのだしおくれ)
支証の出し遅れ(ししょうのだしおくれ)
喧嘩過ぎての空威張り(けんかすぎてのからいばり)
喧嘩過ぎての棒乳切り(けんかすぎてのぼうちぎり)
争い果てての棒乳切り(あらそいはててのぼうちぎり)
諍い果てての乳切り木(いさかいはててのちぎりぎ)
十日の菊、六日の菖蒲(とおかのきく、むいかのあやめ)
六日の菖蒲、十日の菊(むいかのあやめ、とおかのきく)
火事あとの火の用心(かじあとのひのようじん)
生まれたあとの早め薬(うまれたあとのはやめぐすり)
遅い助けは助けにならぬ

使用されている漢字

「争」を含むことわざ

「果」を含むことわざ

「棒」を含むことわざ

「棒」を含むことわざを全て見る

「乳」を含むことわざ

「切」を含むことわざ

ページ先頭に戻る