火事と喧嘩は江戸の花について

火事と喧嘩は江戸の花
読み方かじとけんかはえどのはな
意味江戸は人家が密集していたため大火事が多く、火消しの働きぶりが華やかであった。また、江戸っ子は気が短いため喧嘩も威勢がよく派手であった。この二つが江戸の名物だったということ。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る