家に女房なきは火のない炉のごとしについて

家に女房なきは火のない炉のごとし
読み方いえににょうぼうなきはひのないろのごとし
意味家に主婦がいないのは、炉の中に火がないのと同じで、大事なものが欠けていて寂しいということ。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る