やはり野に置け蓮華草について

やはり野に置け蓮華草
読み方やはりのにおけれんげそう
意味蓮華草は野原で自然のままに咲いているからこそ美しい。同様に、人にもその人にふさわしい環境があるというたとえ。
江戸時代、播磨の瓢水(ひょうすい)という俳人が、遊女を身請けしようとする友人をいさめて詠んだ句「手に取るなやはり野に置け蓮華草」から。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る