だんだん良くなる法華の太鼓について

だんだん良くなる法華の太鼓
だんだんよくなるほっけのたいこ
読み方だんだんよくなるほっけのたいこ
意味物事が徐々によい方に向かっていくことと、太鼓がよく鳴るということを掛けた言葉遊び。「法華の太鼓」とは、日蓮宗の信者が題目を唱えながら打つ団扇太鼓のこと。
出典

「良」を含むことわざ

「良」を含むことわざを全て見る

「法」を含むことわざ

「法」を含むことわざを全て見る

「華」を含むことわざ

「太」を含むことわざ

「鼓」を含むことわざ

使用されている漢字

ページ先頭に戻る