置き酌失礼、持たぬが不調法について

言葉置き酌失礼、持たぬが不調法
読み方おきじゃくしつれい、もたぬがぶちょうほう
意味お酌のとき、置いた杯に酒を注ぐのも失礼だが、杯を持とうとしない受け手も不調法である。酒の席での微妙なおもむきを言ったことば。
出典

使用されている漢字

「置」を含むことわざ

「酌」を含むことわざ

「失」を含むことわざ

「礼」を含むことわざ

「持」を含むことわざ

「不」を含むことわざ

「調」を含むことわざ

「法」を含むことわざ

ページ先頭に戻る