「持」を含む故事・ことわざ一覧

「持」を含む故事・ことわざの一覧(五十音順)

故事・ことわざ読み方
浮世は回り持ちうきよはまわりもち
馬持たずに馬貸すなうまもたずにうまかすな
縁の下の力持ちえんのしたのちからもち
置き酌失礼、持たぬが不調法おきじゃくしつれい、もたぬがぶちょうほう
お椀を持たぬ乞食はないおわんをもたぬこじきはない
金持ち、金使わずかねもち、かねつかわず
金持ち喧嘩せずかねもちけんかせず
金持ちと灰吹きは溜まるほど汚いかねもちとはいふきはたまるほどきたない
癇癪持ちの事破りかんしゃくもちのことやぶり
食うた餅より心持ちくうたもちよりこころもち
怪我と弁当は自分持ちけがとべんとうはじぶんもち
子を持って知る親の恩こをもってしるおやのおん
三人子持ちは笑うて暮らすさんにんこもちはわろうてくらす
渋柿の長持ちしぶがきのながもち
述懐奉公身を持たずじゅっかいぼうこうみをもたず
脛に疵持つすねにきずもつ
脛に疵持てば笹原走るすねにきずもてばささはらはしる
宝の持ち腐れたからのもちぐされ
提灯持ちちょうちんもち
提灯持ち川へはまるちょうちんもちかわへはまる
提灯持ちは先に立てちょうちんもちはさきにたて
搗いた餅より心持ちついたもちよりこころもち
天下は回り持ちてんかはまわりもち
盗人の提灯持ちぬすびとのちょうちんもち
掃き溜めと金持ちは溜まるほど汚いはきだめとかねもちはたまるほどきたない
箸より重い物を持ったことがないはしよりおもいものをもったことがない
文は遣りたし書く手は持たずふみはやりたしかくてはもたず
箆増しは果報持ちへらましはかほうもち
弁当持ち先に食わずべんとうもちさきにくわず
褒めらるる身の持ちにくさほめらるるみのもちにくさ
満を持すまんをじす
娘三人持てば身代潰すむすめさんにんもてばしんだいつぶす
持ち物は主に似るもちものはぬしににる
持ったが病もったがやまい
持つべきものは子もつべきものはこ
持つべきものは女房もつべきものはにょうぼう
持てる者と持たざる者もてるものともたざるもの
槍でも鉄砲でも持ってこいやりでもてっぽうでももってこい
世は相持ちよはあいもち
両端を持すりょうたんをじす
艪を押して櫂は持たれぬろをおしてかいはもたれぬ
故事・ことわざ辞典TOP
ページ先頭に戻る