徒花に実は生らぬとは

言葉徒花に実は生らぬ
読み方あだばなにみはならぬ
意味どんなに見かけがよくても、実質が伴わなくてはよい成果を上げることはできないということ。
「徒花」は、咲いても実を結ばずに散る花。
どんなに美しい花を咲かせようとも、実のならない徒花では仕方がないとの意から。

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「徒」を含むことわざ

「花」を含むことわざ

「実」を含むことわざ

「実」を含むことわざを全て見る

「生」を含むことわざ

ページ先頭に戻る