あだし野の露、鳥辺野の煙とは

言葉あだし野の露、鳥辺野の煙
読み方あだしののつゆ、とりべののけむり
意味人生の無常、はかなさのたとえ。
「あだし野」は、京都の嵯峨野にあった墓地。
「鳥辺野」は、京都の東山にあった火葬場。
人生を、はかなく消える墓地の露と火葬場の煙にたとえた言葉。
「あだし野」は「仇野」「徒野」、「鳥辺野」は「鳥部野」とも書く。
「鳥辺野」は「鳥部山」ともいう。
別表記 仇野の露、鳥辺野の煙(あだしののつゆ、とりべののけむり)
徒野の露、鳥辺野の煙(あだしののつゆ、とりべののけむり)
仇野の露、鳥部野の煙(あだしののつゆ、とりべののけむり)
徒野の露、鳥部野の煙(あだしののつゆ、とりべののけむり)

使用されている漢字

「野」を含むことわざ

「露」を含むことわざ

「露」を含むことわざを全て見る

「鳥」を含むことわざ

「鳥」を含むことわざを全て見る

「辺」を含むことわざ

「煙」を含むことわざ

「仇」を含むことわざ

「徒」を含むことわざ

「部」を含むことわざ

ページ先頭に戻る