武士は食わねど高楊枝とは

言葉武士は食わねど高楊枝
読み方ぶしはくわねどたかようじ
意味武士は貧しくて食事ができなくても、食べたふりをして楊枝を使い、他人に空腹を見せないようにするということ。転じて、貧しくても誇りを持って生きるべきだということ。

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「武」を含むことわざ

「士」を含むことわざ

「食」を含むことわざ

「食」を含むことわざを全て見る

「高」を含むことわざ

「楊」を含むことわざ

「枝」を含むことわざ

「枝」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る