煙霞の痼疾について

煙霞の痼疾
えんかのこしつ
読み方えんかのこしつ
意味自然の風景に心ひかれて旅を好む習性のこと。「煙霞」は、自然の風景。「痼疾」はなかなか治らない病気。自然の美しい風景を愛し、旅に出ることが治りにくい病気のようになっているという意から。
出典
類句 煙霞の癖

「煙」を含むことわざ

「霞」を含むことわざ

「痼」を含むことわざ

「痼」を含むことわざを全て見る

「疾」を含むことわざ

使用されている漢字

ページ先頭に戻る