飛鳥川の淵瀬について

言葉飛鳥川の淵瀬
読み方あすかがわのふちせ
意味世の中は激しく移り変わり、定まりがたいということのたとえ。奈良県を流れている飛鳥川は、氾濫しやすく、淵と瀬が絶えず移り変わるという意から。「世の中は何か常なる飛鳥川昨日の淵ぞ今日は瀬になる」という歌から。「昨日の淵は今日の瀬」ともいう。
出典『古今和歌集』
類句 滄海変じて桑田となる(そうかいへんじてそうでんとなる)

使用されている漢字

「飛」を含むことわざ

「鳥」を含むことわざ

「鳥」を含むことわざを全て見る

「川」を含むことわざ

「川」を含むことわざを全て見る

「淵」を含むことわざ

「淵」を含むことわざを全て見る

「瀬」を含むことわざ

ページ先頭に戻る