濡れぬ先こそ露をも厭えについて

言葉濡れぬ先こそ露をも厭え
読み方ぬれぬさきこそつゆをもいとえ
意味一度過失を犯すと、あとはもっとひどい過失も平然と犯すようになるというたとえ。濡れる前は露に濡れるのさえ嫌がるが、いったん濡れてしまうと、いくら濡れても平気になるという意から。男女間の過ちにいうことが多い。
出典

使用されている漢字

「濡」を含むことわざ

「濡」を含むことわざを全て見る

「先」を含むことわざ

「露」を含むことわざ

「露」を含むことわざを全て見る

「厭」を含むことわざ

ページ先頭に戻る