在りての厭い、亡くての偲びについて

言葉在りての厭い、亡くての偲び
読み方ありてのいとい、なくてのしのび
意味生きている間は悪いところばかり目について疎ましかった人が、いざ亡くなってみると今度は良いところばかり思い出されて、恋しくなるということ。
出典

使用されている漢字

「在」を含むことわざ

「厭」を含むことわざ

「厭」を含むことわざを全て見る

「亡」を含むことわざ

「偲」を含むことわざ

「偲」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る