当て事と越中褌は向こうから外れるについて

言葉当て事と越中褌は向こうから外れる
読み方あてごととえっちゅうふんどしはむこうからはずれる
意味当てにしていた事は、相手の都合などで外れることが多いというたとえ。
「当て事」は当てにしている事。「向こう」は身体の前、また、相手のこと。
当てにしていた事は、越中褌と同じように、向こうから外れるという意から。
出典
別表記 当て事と畚褌は先から外れる(あてことともっこふんどしはさきからはずれる)
類句 当て事は向こうから外れる(あてごとはむこうからはずれる)

使用されている漢字

「当」を含むことわざ

「事」を含むことわざ

「越」を含むことわざ

「越」を含むことわざを全て見る

「中」を含むことわざ

「褌」を含むことわざ

「向」を含むことわざ

「外」を含むことわざ

ページ先頭に戻る