煽てと畚には乗りたくないについて

煽てと畚には乗りたくない
おだてともっこにはのりたくない
読み方おだてともっこにはのりたくない
意味おだてには乗りたくない、ということを強調した言葉。「畚」は、棒で担いで土や石を運ぶ道具。江戸時代、畚は死刑囚を運ぶのにも使われたことから、他人の煽てにも畚にも乗りたくないといったもの。
出典

「煽」を含むことわざ

「畚」を含むことわざ

「畚」を含むことわざを全て見る

「乗」を含むことわざ

使用されている漢字

ページ先頭に戻る