秋の鹿は笛に寄るについて

言葉秋の鹿は笛に寄る
読み方あきのしかはふえによる
意味恋のために身を滅ぼすことのたとえ。また、弱みにつけこまれて危険な目に遭うことのたとえ。秋の発情期、雌鹿の鳴き声に似た笛に雄鹿がおびき寄せられて、人間に捕らえられることから。
出典
類句 妻恋う鹿は笛に寄る
笛に寄る鹿は妻を恋う

使用されている漢字

「秋」を含むことわざ

「鹿」を含むことわざ

「鹿」を含むことわざを全て見る

「笛」を含むことわざ

「寄」を含むことわざ

ページ先頭に戻る