馬を鹿について

言葉馬を鹿
読み方うまをしか
意味人を威圧して、間違いや無理を押し通すことのたとえ。秦の始皇帝の死後、宰相となった趙高が、自分の権勢を試すため幼少の皇帝に鹿を馬と偽って献上し、「これは鹿ではないのか?」と幼帝が尋ねたが、趙高の権勢を恐れた側近たちも「馬です」と答えたという故事による。「鹿を指して馬となす」ともいう。
出典『史記』
類句 鷺を烏と言いくるめる(さぎをからすといいくるめる)
這っても黒豆(はってもくろまめ)

使用されている漢字

「馬」を含むことわざ

「鹿」を含むことわざ

ページ先頭に戻る