壁に耳あり障子に目ありについて

言葉壁に耳あり障子に目あり
読み方かべにみみありしょうじにめあり
意味どこで誰が見たり聞いたりしているかわからないので、話す内容には十分気をつけなくてはいけないといういましめ。
密かに話しているつもりでも、壁に耳を当てて聞いたり、障子に穴をあけてのぞいている者がいるかもしれないという意から。
「壁に耳障子に目」「壁に耳」「障子に目」ともいう。
出典
別表記 壁に耳障子に目(かべにみみしょうじにめ)
壁に耳(かべにみみ)
壁に耳あり(かべにみみあり)
障子に目(しょうじにめ)
類句 石の物言う世の中(いしのものいうよのなか)
天に口あり地に耳あり(てんにくちありちにみみあり)

使用されている漢字

「壁」を含むことわざ

「耳」を含むことわざ

「耳」を含むことわざを全て見る

「障」を含むことわざ

「子」を含むことわざ

「目」を含むことわざ

「目」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る