独活の大木について

言葉独活の大木
読み方うどのたいぼく
意味身体ばかり大きくて何の役にも立たない人のたとえ。独活は丈は大きくなるが、茎が柔らかいため材木にならないという意から。「独活の大木柱にならぬ」ともいう。
出典
類句 大男総身に知恵が回りかね(おおおとこそうみにちえがまわりかね)
大男の見掛け倒し
大男の殿(おおおとこのしんがり)

「独」を含むことわざ

「活」を含むことわざ

「大」を含むことわざ

「大」を含むことわざを全て見る

「木」を含むことわざ

「木」を含むことわざを全て見る

使用されている漢字

ページ先頭に戻る